今現在の我が国のエステサロンや医療サロン等に影響される、永久脱毛は主として3種類であります。
ニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛で、IPL脱毛やフラッシュ脱毛と定義されている部分は、光脱毛に含まれるものです。
永久脱毛の黎明期に人気を博していたものは、ニードル脱毛ですけれども、これって問題が珍しくなく、その当時の新聞紙とかで、ヤケド事故などが付いて回り、懸念材料とし掲載されているニュースを、目にする覚えがあります。

ニードル脱毛は、その名が示す通り針(ニードルを)刺し、電流をその針に流すことより、毛根の構成を壊すという形での処理というわけで、すごく痛みがあります。
さらには、毛根一つずつに針を刺し、毛穴の余すところなくをケアやらないとならないのですから、時間と労力も、非常に負担が掛かると思われます。
そのことに比較しレーザー脱毛や光脱毛は、著しく痛みが緩和されているようですし、1回のお手入れで、2つ以上範囲のむだ毛が処置可能でしょう。
そんな理由から、今日この頃の脱毛ラボといったエステ等においては十中八九、レーザーや光スタイルが求められています。
ということで、痛みの関係したニードル脱毛が、全面的に廃れず残存しているということはなぜかと言うと、毛穴を一個一個処置する時もあれば、毛根の蘇生がかなりシビアな処理を施すこともあって、永久性が高いことが原因です。
痛みにもろいんですが、長年キープされる脱毛をと熱望する方は、麻酔のOKな医療脱毛でケアをすると、ダメージは軽くなると思われます。