妊娠中にDHA(ドコサヘキサエン酸)のサプリを摂取したところで、幼い子供たちが頭のいい子供に成長するということはありませんということが、7年間の跡追い調査で報告された。DHAはサケ、マグロ、マスなどといった脂肪がたくさんある魚にはいり込むオメガ3脂肪酸で、脳の成長やメカニズムに一番大事な栄養成分だとされている。

7歳段階についても追跡行なえた540人より多い数量の子供ケースでは、DHA群とプラセボ群との仲間内でIQの平均値に違っているところは確認されなかった。それに対しては、保護者の発言を使用することで審査した行動の仕方加えて実施リアクションの懸案事項はDHA群であればあるほどまあまあ劣っていた。

ごーどん氏は、「この度のデータでチェックされたマイナス要因となってはDHAサプリメントがトリガーではないのかないですし、偶発的なことも想定される」とレクチャーをやりながら、「ビタミンやミネラルの中には妊娠中に摂り入れると子供の脳の育成によい影響を及ぼすと言われるようなものが発生するが、どれを選択してもロジカルな裏づけは存在しない」と公言しています。

というのとは反対に、サプリメントの関連事業組織となっているアメリカ栄養評議会(CRN)のDuffy MacKay氏はこれらの状況に反対意見を唱え、「具体的に言うと、これらの探求でターゲットとなっていてた妊娠中・授乳中のお母さんやお子さんたちがどんなふうな栄養バランスの状態であったであろうかは考えられない。それに加えて、プラセボ群に関してのオメガ3脂肪酸の使用量に関係するインフォメーションが不足していて、知的能力や学力に作用してうるファクターとなる家庭の年収や学歴に関することまで計算していない」と教示されている。
妊娠中のDHAサプリ